白黒羊飼いの庭

unityで作るゲームの製作メモでしたが、最近は機械学習とかデザインとか何でもやってます

パッケージマネージャ「yarn」を使ったら「00h00m00s 0/0: : ERROR: There are no scenarios; must have at least one.」と怒られてしまった時の話

移転しました。
今後の更新はこちらで行います。
www.shirokurohitsuji.studio





結論

使うべきはその「yarn」ではありません。

$ curl -o- -L https://yarnpkg.com/install.sh | bash

パッケージマネージャYarn

環境

Ubuntu 18.04 LTS

経緯

GitHubで面白そうなUnityのプロジェクトを見つけたのでcloneして動かしてみようと思いました。
そのプロジェクトのReadme.mdには、

git clone git@github.com:*****/sample_project.git
yarn

と書かれていました。

yarnの意味が分からなかったのですが、言われるままにコマンドをぽちぽちすると案の定、yarnがないと言われ

$ sudo apt install cmdtest

をしろという指示が出ます。
それに従って、再度

$ yarn

をすると、

$ yarn
00h00m00s 0/0: : ERROR: There are no scenarios; must have at least one.

と怒られてしまいました。

「yarn」とは?

一種のパッケージマネージャです。
パッケージマネージャとは、インストールされたソフトウェアをパッケージとしてひとまとめに記録して、それ以降の新規インストールや更新、削除を簡単にするものらしいです。
一般的にはnpmが使われているようですが、yarnを使うとそれよりも高速にインストールができるようです。

正しいインストール

この環境では(おそらくUbuntu16.04やUbuntu18.04など)、安定板のインストールをしないといけないようです。
cmdtestで入れてしまっていたら消しておきます。

$ sudo apt remove --purge cmdtest
$ sudo apt autoremove

「--purge」オプションは設定ファイルも削除してくれるものなので場合によっては必要ないです。

インストール | Yarnを見るとOSごとのインストールの方法が載っています。
私はWindowsですが、Ubuntu18.04でコマンドをたたいているので冒頭にも書いたようなインストーラを使いました。

$ curl -o- -L https://yarnpkg.com/install.sh | bash

~/.bashrc

export PATH="$HOME/.yarn/bin:$HOME/.config/yarn/global/node_modules/.bin:$PATH"

を書き加えてから、

$ source ~/.bashrc

をすると、

$ yarn --version
1.15.2

使えるようになりました!